リャナンシーは学びます!

『愛』は複雑怪奇な代物です! まったく才能がない小説家志望のショーイチの前に現れたのは、妖精の恋人ことリャナンシーのディー。しかし彼女には呪いがかかっていて、その解放の鍵は『愛』? 「小説の才能を上げるから私と恋人契約しなさい」「お断りします」契約失敗から始まる、ダメおっさんと呪われ妖精による、愛についてのあれこれ、これは恋愛小説になるのか?

いいんじゃない?※個人(書き手)による意見です。
24hポイント 7pt
小説 15,879 位 / 57,396件 恋愛 5,360 位 / 13,699件