恋の行方を俺(私)は知らない ~そして卒業~

小学校の頃は、クラスも違って言葉をまじわすのも少なかったけれど、お互いが両想いだということはわかっていた島田航介と高藤陽の二人。中学校生になってクラスは同じになれなかったけれど、お互いが好きだという気持ちは変わっていない。廊下ですれ違うときも、お互いに目があっている。しかし、夏休みが終わると島田航介は目を合わせなくなってしまう。そして、そのことに対して高藤陽は好きでは無くなってしまったのではないかと思い、次第に島田航介のことを見なくなり、恋心は色褪せていってしまう。お互いに好きなはずなのに、離れていってしまうその心。最終的に告白する島田航介だが・・・・
24hポイント 0pt
小説 65,885 位 / 65,885件 恋愛 16,946 位 / 16,946件