魔女の弟子と冷徹の貴公子

魔法研究院で魔女の弟子として過ごしているヤルノは冴えない外見の陰キャ。そんな彼は院でも有名な『冷徹の貴公子』、エーギルに恋をしていた。だがエーギルは顔を合わせればヤルノにだけ口うるさく小言を言うのが悩みのタネ。
ハロウィンが迫るある日、ヤルノは師匠が作った魔法菓子の試作品をうっかり食べてしまい、解除の目処が立たない透明人間になってしまう。それを機に、ヤルノはエーギルから思いもよらぬ提案を受けるが――。

杓子定規無表情世話焼き攻✕自分に自信のない陰キャ受です。

■他サイト様の企画参加作品です。
24hポイント 0pt
小説 127,523 位 / 127,523件 BL 14,080 位 / 14,080件