【婚約破棄】裁判に何の意味がありますか? もっといい方法を見つけました。

「俺たちは……俺たちも、女を守る男らしい世代なんだよ」

常日頃からそうやって騒いでいる婚約者のタカトが、まさか、浮気をしているなんて……。

浮気相手は、よりにもよって親友であるミサキ。

うっかり浮気現場に踏み入ってしまった私は……。

「結局、お前はミサキに嫉妬しているだけなんだろ?」

実際にマスコミが騒いでいる言葉の数々で、ののしられた。

「ぎゃはは。お前はもう結婚できないんダー! お前が俺の"悪口"を言ってきて、"嫌がらせ"で訴えてきたところで、俺には不動産があるから大丈夫なんだー!」

全く反省しないタカトとミサキ。

けれど、私は知ってしまう。

ミサキには、遊び相手のタカトではなく、本命の婚約者がいたのだ。

――W不倫だったんですね。じゃあ、あなたの婚約者は私がもらいます。

私に婚約者を奪われたと騒ぎ立てるミサキ。顔面は蒼白。ミサキはこちらを見ながら、唇をわなわなと震わせている。

ミサキにすら相手にされなくなるタカト。気が狂って財布から一万円を取り出し、ミサキに「金をやるから、見捨てないでくれ」とすがりつく自称男らしいタカト。

おまけにタカトが言っていた不動産の正体は、とんでもないもので……?

そして、私は……。

「君のことが好きなんだ」


24hポイント 21pt
小説 24,637 位 / 140,750件 恋愛 11,640 位 / 43,641件