世界の覇権を握るために必要なこと

金・力・頭脳・愛。
それぞれの学科が、お金を、力を、頭脳を、愛を極めるべく存在する。
コンセプト・フォーとよばれる学校がある世界。
そこで落第したものが編入を許されるという唯一の国家機関にして、世界各国から出資されて作られた学校。

それが至宝学院。
学院の創立目的は、すべてのコンセプト・フォーを極めた人材を生み出すこと。

すべての頂点を極めて学院に通う生徒たちが、覇権を争う物語。
主人公の出雲義人は、そのなかで異質な存在であった。
そしてなにより、コンセプト・フォーにリーチをかけていた。

だが、編入試験で彼はこう言い放った。

「あんたらの願いは叶わない。コンセプト・フォーはすでに破綻している」

と。

破綻していると言いながらも『愛』学科に編入することになった彼が、学院の覇権をめぐる台風の目になることに。

そして、彼は学院の中である一人の少女と出会う。


コンセプト・フォーとは何か。世界の頂点を目指す人間の構成要素に最も必要なものは何か。

いまだ答えの出ない世界最大の難題。
それに彼は答えを出せるのか――。

24hポイント 0pt
小説 68,908 位 / 68,908件 キャラ文芸 1,857 位 / 1,857件