ふたりだけの、『甘い』秘密

涼鳴(すずな)高等学園の生徒会長である、鬼ヶ島ケンシロウ。彼はロボット会長と揶揄されるほど、表情も、感情の起伏もない男。
その彼が隠れて嗜んでいたのは、『甘いドリンクを飲むこと』───

ケンシロウは解放感を得るために誰もいない寂れた公園で、ひとり、激甘ドリンクをすすっていた。
そこに現れたのは、書記の梨木。
「きゅぴん」という口癖と、可愛い容姿で涼鳴アイドルと称される彼女が、どうして寂れた公園に?

偶然の鉢合わせから生まれた2人の【秘密】。
それは、生徒会を続行できるか否かの『NO選』にまで発展していく───
24hポイント 0pt
小説 91,397 位 / 91,397件 青春 3,796 位 / 3,796件