私が罪を?断罪されるのはあなたですよ、殿下

私はデンバーク王国の伯爵令嬢です。
私の家は、大商会を営んでおり、国の経済の中核をになっております。
そのため、王家は我が家との縁を結ぼうと、私に、王太子殿下との婚約を命じました。
王太子殿下はとても傲慢な方で、頭の中身も残念、はっきり言ってバカでした。
しかし、王命には逆らえず、私は殿下と婚約しました。

その殿下が、国の大切な建国記念パーティーで私を断罪しようとしています。

ふふ、殿下、私があなたの行いを把握していないとでも?
もう、後悔しても遅いですよ。
24hポイント 646pt
小説 2,007 位 / 100,013件 恋愛 1,044 位 / 27,918件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

【完結】旦那様は妻の私より幼馴染の方が大切なようです

恋愛 / 完結 24h.ポイント:340433pt お気に入り:9774

実の家族よりも、そんなに従姉妹(いとこ)が可愛いですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:71908pt お気に入り:10474

好きな人と友人が付き合い始め、しかも嫌われたのですが

恋愛 / 完結 24h.ポイント:291pt お気に入り:1967