転生したら婚約破棄レベルの悪役令嬢でした~私は幸せになれるのでしょうか?~

「アニー、食事は別でとってちょうだいね」
私が十四歳になったばかりの頃、母はそう言った。
三つ年が離れた姉は、汚いような物を見るような目で私を見つめていた。
父は黙って本を読んでいた。

……それからというもの、家族の私に対する態度はひどいものとなっていった。
食事を別で取らされ、使用人がやるはずの畑仕事や家の掃除も私の仕事となった。
母と姉は私を「汚い、汚い」と卑下しては会話もしてくれなくなった。
父も私に関心を向けてはいないようだった。
そんな生活が二年ほど続くと、使用人たちも私を避けるようになっていた。

だが、十七歳の誕生日。私の目の前に突然魔女が現れる。
「新しく生まれ変わるのさ。新しい人生、新しい家族、もう一度やり直せる!」
魔女はそう言うと、私に転生の魔法を使った。
光に包まれ私は意識を失った……。

そして目が覚めた時……私は悪役令嬢カレンとなっていた……

どうやら一波乱ありそうです。
24hポイント 78pt
小説 12,853 位 / 140,760件 恋愛 6,330 位 / 43,628件