婚約破棄してもいいですが、どうなっても知りませんからね!

「アメリア、君とは婚約破棄をする」
緊張感をはらませながら私の婚約者ヘンリーはそう言った。
突然の婚約破棄……私は慌てふためき命乞いでもするように食い下がって……とはならなかった。
なぜなら私は既にこの事実を予知していたのだから。
「ヘンリー様。今婚約破棄と言いましたが、本当にそれでよろしかったでしょうか? 今ならまだ引き返せますよ」
念のためヘンリーに確認をとるが、彼はまともに取り合おうとはしなかった。
はぁ……私はため息をつく。
婚約破棄してもいいですが、どうなっても知りませんからね!
24hポイント 99pt
小説 11,807 位 / 140,426件 恋愛 5,798 位 / 43,454件