国を追放された私ですが、無人島で敵国の王子と出会いました。~あなたは何でここにいるのですか?~

とある海の上を一隻の小さい木船が浮かんでいた。木船の端には祈祷師のような女性が座っており、両手を組み祈っている。そしてもう一方の端には煌びやかな衣装を身に纏った美しい女性が座っていた。彼女の名前はオリビア。王国の囚人を逃がした罪で島流しの刑を処されていたのだ・・・それからしばらくして、突然辺りに霧が立ち込めた。霧がオリビアの目の前で祈祷師の姿を隠しながらも、船は海を静かに進んでいく。そして・・・船はある島へと辿りつくのだった・・・
24hポイント 7pt
小説 18,403 位 / 79,441件 恋愛 7,442 位 / 21,090件