人は食べなくても生きていける

人は食べなくても生きていける 。
不食と実態。最強のダイエット。

常識は非常識だ。真理ではない。
誰かが作ったルールに踊らさられているだけ。


はじめに言っておくが、これはノンフィクションである。
人は食わなくても生きていける。
人は飲まなくても生きていける。
これは事実である。

世界では5万人に1人の、または10万人に1人、または「奇病」などとされているが、
なんてことはない。 訓練すれば誰にでも身につく特殊能力である。
ただ個体差があるのは確かだ。
習得までに3ヶ月かからなかった人間もいれば、2年の者もいれば5年の者もいる。
ダイエットしたいから痩せたいなどと言う弱い意志では到底不可能だろう。
実証するには強く信じ込むことが必要だ。
宗教ではないが、何よりもイメージが大切だ。

ネットを探せばよく少食という言葉は出てくる。
絶食という言葉も同時に出てくる。
内容は梅干し一個、おにぎり一個などで1日を過ごすというものだ。
俺の場合はジャムパン一枚だった。
24hポイント 0pt
小説 67,753 位 / 67,753件 エッセイ・ノンフィクション 2,022 位 / 2,022件