ツバサ -ゴール下のパラディン-

翼が欲しいと願ったはずの少年たちは、みな自らその翼を千切り落としてしまおうとしていた。

中学時代、MVPセンターに選ばれた朝倉俊樹だったが、彼が進学したのはバスケ部のない高校だった。
そこへ転校してくる幼馴染み、霧崎秋輔。それを皮切りに、その背の翼に傷を負った者たちが俊樹の周りに集っていく。
24hポイント 0pt
小説 63,829 位 / 63,829件 ライト文芸 2,445 位 / 2,445件