眠る君とのプロムナード

とある男子高校生は、部活中に一匹のうさぎと出会った。
その日の夜、彼はおかしな夢を見ることになる。
派手な衣装を着た青年と出会い、『僕の手伝いをしてほしい』と頼まれた。
自分の姿は、まるで遊園地にいるようなネコの着ぐるみになっていた。
周りには人間と同じ振る舞いをする様々な動物がいる。
さすがは夢。ヘンテコな夢。でもただの夢だ――そう思っていた。

「ここは、疲れてしまった人間を癒すための、夢の世界だよ」

とある町の高校生たちと、〝調整役〟をつとめる夢の世界の住人たちと、様々な人間のお話。
24hポイント 0pt
小説 57,244 位 / 57,244件 キャラ文芸 1,357 位 / 1,357件