今更気がつく君への気持ち

恋人である司と、なかなか身体を重ねられない啓介。司の兄である葵が見かねて、練習台として身体を差し出す。葵と関係を持ってからというもの、啓介は葵が気になって仕方がなかった。
そして、自分の気持ちに気がついてしまう。

「練習台でいいから」、「練習台でよかったはずなのに」の続きになります。
24hポイント 0pt
小説 149,109 位 / 149,109件 BL 17,242 位 / 17,242件