青き石眼のアシュリー

蒸気(スチーム)が世に革命を起こして間もない頃。 不慮の事故で両親を亡くした少女ノエルは、遺産を狙う叔父に崖っぷちへと追い詰められていた。 (神様、どうか私をお守りください!) 一縷の望みに賭け、友だちミミー(ぬいぐるみ)をトランクに入れたノエルは、滝壺へと身を投じ――。 次の朝。鷹を「師匠」と呼び、森に一人暮らす少年アシュリーは、川辺に流れ着いた女性を見つける。 寒空の下で水に浸かった彼女の体は、氷のように冷たかった――。 これは孤独を抱えた少年と、孤独になった少女が、出会い、互いの運命を切り開く、ひと冬の物語。
24hポイント 0pt
小説 148,903 位 / 148,903件 キャラ文芸 3,443 位 / 3,443件