僕は幸運を欲します

幼少期から妙に運がないと自覚している主人公、桐山 優希は幼少期に夢で、自称神様の女の子から、『これから先、困った人を助けていけば、いつかきっと、君にも良いことがあるよ』と言われた。
…これを守ればいずれ自分の不運が弱まるはず。そう考えて現在に至るまで、困っている人に親切にしてきて……。
24hポイント 0pt
小説 83,273 位 / 83,273件 恋愛 22,053 位 / 22,053件