妻(私)と離婚して私(飯炊係)と再婚する?わかりました。離婚には応じましょう、旦那様


三年に及ぶ、想像を絶する過酷な戦場で戦い抜いた旦那様の帰りが待ちきれなくて、帰還途中にある町で、騎士をもてなすための臨時募集に応じた。

本来なら伯爵家の三女の私が、こんな場で働くなど外聞が悪いと叱られるものだけど、それでも、一刻も早く旦那様の無事な姿を確認したかった。

騎士団の先頭部隊が到着すると、みるみるうちに町が人の波に呑まれていく。

次々に空腹を満たす為にトレーを持って押し寄せる騎士達に、スープを注いでいくけど、手元に集中しながらも、チラチラと辺りに視線を向けていた。

どこかにその姿はないかと。

スープの量を増やして欲しいとせっつく騎士に応じながら、一際目立つ一団が視界に入った。

ドクンと、自然と胸が大きく鳴った。

いた。

旦那様だ。

騎士団長、アレクセイ・ロウ。

私こと、ロウ伯爵家の三女、リリアーヌ・ロウの名目上の旦那様。

彼と私は直接会った事はない。

鍛えられた騎士達の中にいても、さらに頭一つ分は抜きんでた大きなお方で、手はスープを注ぎながらも、その精錬された立ち姿に見惚れていた。

キッチリと制服を着込み、30代の男盛りの魅力をまといつつも、激戦を潜り抜けたピリッとした空気は周囲を圧倒していた。


背中を見つめ続けていると、突然旦那様がクルリとこっちを向き、そして、バチっと音がしそうなほど私と視線が合ってしまっていた。

厳格そうな濃いブラウンの瞳が私を見つめている。

より一層、胸の音がうるさくなる。

おたまを握りしめたまま、どうすればいいのか焦る。

どんどん旦那様が近づいて来る。

私に気付いたのか、いや、でも、旦那様は私の顔を知らない。

とうとう目の前に立った旦那様は、私から一切、視線を外していない。

何が起きるのかと、列に並んでいた騎士達がざわざわとしだした。

「貴女は……」

「は、はいっ」

上擦った返事をしてしまった。

「貴女の名前を教えてほしい。私は、アレクセイ。騎士だ」

「ど、ど、ど、どうしてですか」

あれ?やっぱり私だとバレてない?

「貴女に一目惚れしました。どうか私と結婚してほしい」

「はいぃっ?」

素っ頓狂な声をあげて、それから、反射的に言葉を返していた。













24hポイント 2,776pt
小説 655 位 / 111,943件 恋愛 331 位 / 32,156件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約者には愛する人がいるのでツギハギ令嬢は身を引きます!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:129320pt お気に入り:8267

欲しがりな妹に抵抗するのはもう辞めて家を出ました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:3508pt お気に入り:70

カサンドラは嘘をつかない

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1427pt お気に入り:443

最強の生産職王は何がなんでもほのぼのしたいっっっ!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:124915pt お気に入り:3505

余りモノ異世界人の自由生活~勇者じゃないので勝手にやらせてもらいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:129519pt お気に入り:17267

加護なしの令嬢の諦め

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:3805pt お気に入り:381