大司教の権力を悪用して純真無垢な聖女とセックスしたら、毎晩イチャラブご奉仕されるようになった話

ある男は、この国で最も美しいとされる「聖女」を抱くために大司教となった。その方法は、大司教にのみ認められる「処女検査」。

聖女は純潔たれというのが教会の掟。しかし処女かどうかを知るのは大司教のみ。男はピンときた。処女検査で抱いても、俺が処女だと言い張れば問題ない。しかも大司教という地位を盾に口止めもできる――。

そんな企みなどつゆ知らず、少女ながらに色香を放つ黒髪の聖女は、大司教に「処女検査をする」と騙され控室に連れ込まれるのだった。

※Fantiaで、性癖全開のエロ小説(義妹調教)を投稿中です。よかったらこちらもどうぞ。
https://fantia.jp/fanclubs/364376
24hポイント 106pt
小説 9,956 位 / 148,582件 ファンタジー 1,930 位 / 35,397件