マタギの食べ物

 時は、天保。山菜を取りに行った主人公の『僕』は、禍をもたらすという鬼火を目撃してしまう。その年、村は飢饉に襲われ、鬼火のせいだとして、山にあるという鬼の里に生贄として差し出される事になった。しかしついてみるとそこは、鬼の里などでは無く、マタギの集落だった。江戸の農村社会とは文化が異なるマタギの村での生活が始まる。
(参考文献)マタギ食伝 昭和59年 村井米子
24hポイント 21pt
小説 12,080 位 / 59,303件 歴史・時代 141 位 / 753件