〝何か〝に寄生された私は、毎夜若い女の喉に喰らいつく

”私の中に何かがいる・・”

立山連峰への旅行から帰って以来、真魚の体に寄生した”何か”。

その”何か”は、ある日突如覚醒した。
そして、自らを”マナ”と名乗り、宿主である真魚に人間狩りを強要し始める。

”人を喰い殺すなんて出来ない”

”マナ”の要求を必死で拒もうとする真魚。

しかし、真魚の精神、肉体を支配し、巧みにコントロールする”マナ”に、抵抗する術はなかった。

そして、真魚は毎夜美しい女を喰い殺し、残虐なモンスターへと変貌していくのだった。
24hポイント 0pt
小説 48,791 位 / 48,791件 ホラー 1,887 位 / 1,887件