帝華大学物語

風城国子智

文字の大きさ
上 下
8 / 30

隠れた感情

しおりを挟む
 これが最後の一つだというのに、デスクトップ型パソコンの筐体の蓋が最後の最後で閉まらない。指に痛みを感じながら、それでも強引に金属板を叩くと、少し歪んだ蓋はそれでも何とか元の場所に収まった。
「これで、全部動くはずですよ」
 いたずらで筐体を開ける人間対策として螺子でしっかりと蓋を留める香花きょうかの耳に、落ち着いた声が響く。香花がお世話になっている小さな修理工房の社長、矢代やしろの声だ。蓋を閉める際に切ったのだろう、血の滲む指に溜息をつくと、香花は着ているつなぎの端で指を拭った。精密機械に水気は禁物。
「サーバの方は異常ありませんでしたから、おそらく端末の扱い方の問題でしょうね」
 扱いが雑なのだ。大学の事務方に説明する矢代の言葉に、誰にも聞こえないように小さく舌打ちする。帝華ていか大学理工科学部の四階にある情報端末室は、帝華大学に所属する者ならば誰でも出入りでき、そこにあるデスクトップ型パソコンを自由に使うことができる。それを知っているのか知らないのか、勝手に持ち込んだ大学のトイレットペーパーをマウスに巻いて使用する者も居れば、『飲食禁止』の掲示を無視して飲み食いしながらネットサーフィンで怪しい頁を閲覧する者も居る。ゴミの放置は日常茶飯事。こんな扱いでは、情報端末が故障しない方が奇跡だ。いっそのこと、学生に自前のパソコンの持ち込みを許して、情報端末室など無くしてしまえば講義スペースがもう一つ増え、学生の自習に役立つのに。教員側も、一部屋しかない『パソコンが使える部屋』を授業の為に争奪せずに済む。尊敬する人物の一人である雨宮あめみや准教授のぼやきが聞こえてきたような気がして、香花は少しだけ口の端を上げた。一斉授業をスムーズに行う為には、条件が全て同じ情報端末が揃っている場所が必要であるとも、雨宮先生はぼやいていたが。それはともかく。情報端末室が正常に戻ったと、知らせなければならない人が一人居る。香花は事務員の隣に居る矢代に会釈すると、情報端末室の扉に手を掛けた。
「雨宮先生のところに行くんなら、着替えた方が良いぞ」
 その香花の背中に、矢代の声が響く。
「そのつなぎじゃ、大学生だと分からない」
 別に何を着ていても良いじゃない。言いかけた言葉を飲み込む。矢代も、香花がこの街でお世話になっている舞子まいこさんもあきらさんも、香花が服装に頓着しないことをしばしば嘆く。それに香花が反論しないのは、三人とも、香花のことを心配して服装のことを言うのだということを、理解しているから。だが。少しぶかぶかの、紺色のつなぎを眺めて息を吐く。大学の裏手に停めてある修理工房のライトバンの中には一応、つなぎに着替える前に着ていた、舞子さんが見立ててくれた大学通学用のブラウスとスカートが置いてあるが、今着ているつなぎは特に汚れた風にはみえない。どうせ矢代の車に乗って帰るのだから着替える必要は無い。そう考えた香花はもう一度矢代に会釈すると、つなぎのまま、十四階、数理工学科のフロアにある雨宮准教授の研究室へと向かった。

 予想通り、放課後の雨宮准教授の研究室には、雨宮先生の他に三人の学生が、入り口近くのテーブルに陣取って待機していた。おそらく勉強していたのであろう、自習用のテーブルの上には本やノートが散乱している。だが、そのノートがほぼ真っ白なのも、予想通り。
「直ったわ」
 挨拶抜きに、真っ白なノートを見つめて俯いている短髪の少女、怜子さとこが掛けているすっきりとした眼鏡に声を掛ける。
「ほ、本当ですか?」
 香花の声に驚きの声を上げた怜子を、香花は好ましく感じていた。香花が飛び級で帝華大学に入学している為、二学年離れている怜子と香花だが、実際は二ヶ月しか年が離れていない。それでも、怜子を妹のように感じてしまうのは、やはり自分の学年の方が上だからだろう。香花はそう、理解していた。
「ほら、三森が居るから大丈夫だって言ったろ」
 その怜子の肩を、雨宮先生の弟であり、数理工学科所属ではないにも拘わらずこの研究室に入り浸っている勇太ゆうたが叩く。馴れ馴れしい。勇太を強く睨むと、勇太は香花にだけ分かるように肩を竦めた。
「しかしよく復旧しましたね」
 その勇太の声の後から、静かな声が耳に響く。
「ま、私に掛かれば」
 大学院生である勁次郎けいじろうの言葉に、香花はゆったりと笑った。
「だろうな」
 その後から響いてきたのは、自分のデスクトップパソコンで書類と格闘する後ろ姿しか見えない雨宮先生の声。
 情報端末室で行われている、初年次必須の情報の授業中に端末の殆どが動かなくなったと、大学のコンピュータ修理を請け負っている矢代経由で香花に連絡が有ったのが今日の昼頃。端末の問題だけだったとはいえ、半日情報端末室を閉鎖するだけで済んだのだから早い方だろう。香花はもう一度、にこりと笑った。
 そして。もう一度、怜子の方を見る。情報の授業の指導補助に入っている勁次郎の話によると、今日の端末の故障も、怜子が操作していたパソコンが最初に動かなくなったところから連鎖して起こった、らしい。先週も、先々週も、怜子は情報端末室のパソコンを一回以上ブルースクリーンにしている。壊れない方が奇跡の端末とはいえ、頻繁に壊しすぎる。それが、香花の正直な感想。しかし、香花が丁寧にメンテナンスを施し、かつ飲み食いしながら操作しないよう目を光らせている雨宮研究室のパソコン端末に関しては、怜子は壊したことはない。情報端末室のパソコンと、相性が悪い、ただそれだけなのだろう。怜子には見えないように、香花はふっと笑った。しかし情報端末室のパソコンが使えないのでは、怜子が困ることにならないだろうか。この研究室のノートパソコンは二台しかない。勇太と勁次郎が同時に使えば怜子は使えない。かといって、研究室設置の香花自身のデスクトップ端末は誰にも使わせたくはないし、准教授として機密書類も扱う可能性がある雨宮先生も自分のメイン筐体を他の人に使わせるわけにはいかないだろう。雨宮先生に、性能の良いノートパソコンを買う研究費の余分は、多分無い。と、すると。……この方法が良いだろう。
「よし」
 一人頷き、勇太を押しのけるように怜子の横の椅子に座る。
「怜子ちゃん用に、新しいノートパソコンを誂えてあげる。持ち歩けてさくさく動いて絶対壊れないやつ」
「え?」
 唐突だったのだろう、香花の言葉に、怜子の目は綺麗に丸くなった。
「で、でも、パソコンって、お金、が」
「あ、それは大丈夫」
 怜子と、香花が冗談を言ったと思っている瞳で見つめる男三人に、香花は今度は大きく、微笑んだ。

 次の土曜日。
 香花が棲んでいる電気街のど真ん中に有る駅まで、怜子を迎えに行く。駅前にぽつりと立ち止まったままの怜子は明らかに、電気街の賑やかすぎる雰囲気に戸惑っていた。
「あ、香花さん」
 香花を見て、明らかにほっとした声を上げた怜子に、口の端を上げる。目の前の怜子は大学に来るときと同じ服装で、駅から吐き出される人々とは明らかに異質にみえる。その異質さに、香花は好感を持っていた。それはともかく。
「こっち」
 手招きして、電気街の路地裏を進む。香花が居候をしている、矢代が経営する修理工房の拠点となる建物は、機械やら部品やら模型やらの店が並ぶ、ごみごみとした路地裏の一角に有る。その建物の二階に、香花は怜子を案内した。
「ここ」
 香花には慣れた、少し饐えた匂いが、鼻を突く。地下は工房、一階は受付と事務室、そして二階は休憩室になっているのだが、使い方が悪い所為か、はたまた香花を始めとする修理工房の面々が皆掃除嫌いだからか、ミニキッチンが付いている休憩室は常に雑然としていた。随所にゴミが散らばり、ミニキッチンの流しは何時食べたのか分からない食べ物のかすで埋まっている。
「ここの掃除と引き替え」
「は、はあ」
 香花の言葉に、怜子が戸惑いの声を上げる。やはり、当惑するよな。怜子の顔を横目で見て、香花は少しだけ諦めの笑みを浮かべた。ノートパソコンと引き替えに、汚い部屋の掃除なんて、香花だったら割に合わないと感じる。だが。
「や、やってみます」
 香花の方を見て、こくんと頷く怜子に、正直驚く。
「あ、ありがとう」
 月並みな言葉しか、出て来ない。それでも何とか、掃除道具が埋まっているであろう場所を、香花は怜子に教えた。と、その時。
「香花!」
 切羽詰まった矢代の声が、香花の耳を叩く。
「緊急で修理依頼だ。一緒に来てくれ!」
「分かったわ」
 とりあえず掃除宜しく。それだけ、怜子に声を掛けた次の瞬間、香花は階段を駆け下り、矢代のライトバンに乗り込んだ。

 午前中に生じた緊急の修理依頼が終わったのは、夏至近い陽がすっかり落ちてしまった頃。
〈疲れた〉
 修理道具満載のライトバンの後部座席に、作業着であるつなぎを着たままの小さな身体を押し込み、香花は何時に無い溜息をついた。
 流れる車窓の景色は、普段通り。暗闇に様々な色のネオンが昂然と光っている。いつ見ても、変わらない、都会の夜の景色。その、ある意味けばけばしい光景に、心が静まるのは、昔から見慣れている光景だからだろう。
 香花は、電気街で慎ましく暮らす両親の許に産まれ、七歳の時まで電気街で育った。両親が病気で相次いで亡くなった後、母方の親戚が暮らす田舎に連れて行かれたが、優しくしてくれた祖母以外に馴染むことができず、大所帯の家で常に扱き使われ、虐げられて大きくなった。義務教育であるはずの中学校も、寝たきりになった祖母の世話を押しつけられたが故に殆ど行くことができていない。それでも、親戚の目を盗んで独学し、大恩ある祖母が亡くなった後に僅かなお金を握りしめてこの電気街に舞い戻った理由は、どんな物でも直してしまう伝説の修理工として尊敬されていた父と同じことをしたかったから。幸い、父の友人であった矢代に拾ってもらい、仕事を手伝いながら矢代の知り合いの娘である舞子さんと、その友人であった亮さんと雨宮先生に勉強を見てもらうことができ、高校に行っていないにも拘わらず帝華大学に飛び級で入学することができた。人手が少ない矢代の修理工房を手伝うのも、雨宮先生が守ろうとしている帝華大学理工科学部の建物の『歪み』を直す仕事を手伝うのも、香花にとっては当たり前の行為。
 修理工房の看板が見えて、はっと夢想から覚める。そういえば、工房の受付に一人人員を置いているとはいえ、二階の休憩室に怜子を独りおいてきぼりにしていた。もう夜なのに、怜子が下宿先に帰っていなかったら、下宿先の人が心配する。矢代が運転する車が止まるや否や、香花はスライドドアを広く開け、工房の二階に向かって階段を駆け上がった。
 休憩室の扉を、大急ぎで大きく開く。何時に無い、暗いが涼しげな気配に、香花は落ち着かない気持ちになった。無意識に震える手で、扉横の電灯のスイッチを押す。明るくなった室内は、朝見たごちゃごちゃした光景とは打って変わっていた。床にも、部屋の何処にも、ゴミ一つ落ちていない。椅子もテーブルもミニキッチンも冷蔵庫も戸棚も、まるで光っているかのように見える。そして。テーブルの上に乗った小さな山に、香花は震えながら近付いた。山に被せてあった布巾を取ると、台所用透明ラップの下に、白いこんもりとした三角おにぎりの山が、見えた。
「炊飯器使いました。海苔は冷蔵庫の中にあります」
 怜子らしい、きちんとした文字のメモが、おにぎりの乗った皿の横にある。
 ラップを外し、一つだけ、おにぎりをかじってみる。何も具が入っていない塩味のおにぎりは、何故か、昔、父が適当に握ってくれたおにぎりと同じ味が、した。
しおりを挟む