家族の肖像

画家・敬之は、国内のとある美術団体に属し、売れない絵を毎日もくもくと描いている。近くの公園で出会った爺さんと、敬之の友人・淳が親子の関係であるということを知ったのは、淳の突然の死、そして葬儀の時だった。画家と公募展の闇を描いた短編ミステリー小説。
24hポイント 0pt
小説 67,905 位 / 67,905件 ミステリー 1,777 位 / 1,777件