悪役令嬢…いや、私令嬢じゃないんですけど



「ルナティアラ・キィ・フェアムナント。この場を持って、お前との婚約を破棄させてもらう」

 厳かな雰囲気の中行われていた三年生の卒業パーティで、この国の王太子,ナイビスバーン・クシュダリーが私に向かって大声でこう宣言をした。その傍らでは、ふわっとした可愛らしい令嬢が涙目でこちらを見ている。

 いや、別にいいんだけど。その程度。
 私だって望んでここにいるわけじゃないし…
 …は?いじめてた?たかがどこかそこいらの貴族の分際で?ですって?
 
 という最悪の始まりから始まる私の淡い恋の話。

R15は保険です。
ラブコメ(にしたいなぁ)です。
24hポイント 15,953pt
小説 103 位 / 63,826件 恋愛 62 位 / 15,912件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

この度、夫が亡くなりまして。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:36154pt お気に入り:3889

私の役目はあなたの子どもを産むことです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:81040pt お気に入り:4353

出涸らし令嬢は今日も生きる!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:117408pt お気に入り:6886

「君は運命の相手じゃない」と捨てられました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:61010pt お気に入り:9308

病弱令嬢に転生したので悪役騎士の兄を救ってから息絶えます!!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:138969pt お気に入り:3033

勝手に婚約破棄されてた挙句完全に包囲されてて逃げられないんだけど

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:118805pt お気に入り:5339

精霊守りの薬士令嬢は、婚約破棄を突きつけられたようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:95845pt お気に入り:8629