名前のない英雄たち

 2xxx年、柳田博士が唱えた理論———人は意識のその奥、無意識仮想領域圏でつながっており、その無意識領域に介入することで、同時多数の人間の行動を指定することができる———というそれは、彼自身が引き起こしたテロ行為により、証明され、今もなおその脅威に人々はさらされている。

 一度眠りに入って目覚めなくなる眠り姫症候群、集団で破壊衝動を抑えられなくなるスサノオ症候群———近年、猛威を振るう奇病や奇行は、柳田による無意識仮想領域へのアクセスの結果ではないかとされている。

 柳田が作り上げた心理世界に対抗するべく作られた組織、機関。そこに所属する工作員は、仮想領域圏に唯一入り込める稀有な人材として、英雄と人々はよんだ。

 彼らの多くは、一般人であり、その存在を隠し、生活している。一方で警察機関や、特殊機関に属し、その力をふるう者。あるいは、スーパースターとして、階をのぼり、機関の地位を上げる広報活動にいそしむもの。

 彼らは一体何を思い、戦うのか。これは英雄と呼ばれた彼らの物語。
24hポイント 0pt
小説 73,894 位 / 73,894件 ファンタジー 21,676 位 / 21,676件