視える君と視えない僕

中学3年生の春に僕、佐倉颯真はクラスメートの藤宮葵から告白された。
半ば強引に付き合うことになった僕と葵。
“未来が視える”という葵は僕の秘密を知っていた。

受験と部活と恋。

早く咲き過ぎた桜の物語。
24hポイント 0pt
小説 144,018 位 / 144,018件 恋愛 44,954 位 / 44,954件