国家魔法構造解析師の非日常な逃亡ライフ

最年少の国家魔法構造解析師のリュート・キール。
彼は希少な『魔法眼』の持ち主。
魔法とは、魔法文字の羅列である。
そして、『魔法眼』があることにより、その魔法文字を読み取ることが可能となる。
リュートはその力で、魔法構造を解析し、新たな魔法を開発していた。
魔法開発は、国の王様であるアーヴェル王により依頼を受けて行っていた。
そんなある日、リュートは、国がリュートの能力を使って戦争のための魔法を作り出す計画を企てていることを知ってしまう。
そこでリュートは、国からの逃亡を決意。
この話は、『魔法眼』があるが故に、非日常を歩み始めることになるリュートの逃亡ライフである。
24hポイント 14pt
小説 10,387 位 / 42,774件 ファンタジー 2,847 位 / 14,701件