死ぬということ生きるということ

自分の中で生きるということと、死ぬということに考えた末にできたお話です。半分ほどが自分の経験からなっています。
主人公の美桜は嫌なことばかりの人生に終わりを告げようと、美しいと呼ばれる岬へと足を運んだ。
嫌な世界だと思っていた世界は、自分が死ぬにあたって見た世界は、あまりにも美しかった。美桜は、自分の見てきた世界があまりにもつまらないものだと気づき、冷めてしまった心を溶かそうと様々な景色を探しにいくことにした。
そこで、一人の男の子と出会うことになる。
のちに、この出会いが大きく美桜を変えることとなる。
生きるということは、死ぬということよりもとても難しいことだと思います。そんな中で、私の作品で少しでも頑張ろうと思ってくれる人がいればと作りました。
24hポイント 0pt
小説 66,209 位 / 66,209件 恋愛 17,086 位 / 17,086件