【R18】元師匠は抱いてくれない

公爵家の娘、エリーことエレオノールは政略結婚により、年の離れた辺境伯オズワルドと結ばれた。

「俺がお前を、女として愛することはない」
初夜にそう宣言され落ち込むエリー。
実は、オズワルドとエリーは希少な『治癒』の力を持っており、かつて師弟関係であったのだ。オズワルドは自分の弟子であったエリーのことを抱くことはできないとして、白い結婚が認められるまでの三年間、彼女を女性として愛することはないと宣言したのだった。
エリーは幼い頃からオズワルドを慕っており、どうにかこの三年間で彼に女性として見てもらえるようにならないかと奮闘する。……がしかし、オズワルドの意志は固く、なかなかうまくいかないまま二年が経ってしまった。

残り一年。このままでは、離縁されてしまう。焦ったエリーは悶々としていた。そこを淫魔に目をつけられて、彼女は『持続的に性的快感を与えられないと、生命力を奪い続けられる』淫紋を刻まれてしまい……。

「……でも、これをきっかけに先生に抱いてもらえるのでは……!?」

不謹慎にも、エリーは期待した。しかし、オズワルドが出した解決策はそうではなかった。

「抱かずとも、絶頂に導くことはできる」
「えっ」
「いくら解呪のためとはいえ、かわいい元弟子であり、妻でもあるお前がどこぞの馬の骨に抱かれるのもいい気はしない。……治療行為ならば、俺が施そう」

そしてエリーはけして抱かれることはないまま、夜な夜なひたすら胸だけを愛撫され、絶頂に導かれることとなった。
果たして、淫紋が消えてしまうのが先か、それとも決意を翻したオズワルドがエリーを抱くのが先か。

弟子絶対抱かない硬派元師匠×どうにかして初恋の先生に抱かれたい元弟子のラブコメです。
性描写含む回は※表記

ムーンライトノベルズにも掲載
24hポイント 887pt
小説 1,883 位 / 143,691件 恋愛 933 位 / 44,816件