幻想菓子~願いを叶えるスイーツショップ~

『第2回ライト文芸大賞応募作品』

《これは、願いを叶える幻想菓子のお話》

高校二年生の一色瑠璃は都会から田舎に引っ越してきたばかりの女の子。

ある時、高校からの帰路にて見覚えのない店を見つける。

店名は『幻想菓子』と書かれているが、スイーツショップとは思えないほど薄暗いのその店に、戸惑う瑠璃。

そして、瑠璃の前に現れた店主は「白石鈴蘭」と名乗り、瑠璃をアルバイトとしてスカウトしてきた。

不思議な雰囲気を醸し出す鈴蘭と話しているうちに、瑠璃はこの店で働いてみたいと思うようになる。

だが、この店は普通のスイーツショップではなかったのだ。

「――ここは、幻想菓子という願いを叶えるためのお菓子を売っているの」

瑠璃は、様々な人間と関わりながら、人々の願いを叶えるために奮闘する。

その過程で知っていくのは……謎に包まれた鈴蘭の正体だった。

*表紙はみのむー様よりフリーアイコンをお借りしております。こちらからの保存、転載等は一切禁止です。
24hポイント 28pt
小説 10,669 位 / 60,316件 ライト文芸 239 位 / 2,417件