仲間を皆殺しにされた最弱の魔術士は、魔族の血を分け与えられたので汚名を返上します

『最弱の魔術士』としての汚名を被せられた青年『ルーディン・アルスフィア』は誰からも侮蔑のような目を向けられていた。魔術学院では座学以外は最下位。知識だけでは生きていけない世界を前にしても尚、冒険に憧れていた彼は夢を追い求め続けた。
しかし何もかも上手くいくことは無く、冒険者達の間ではルーディンは嫌われていた。
それでも、いつか誰からも認められるような偉大な魔術師になるため日々努力するルーディンに感化を受けた、とある『A級冒険者』のパーティリーダー『リゲルト』が彼を誘うのだった。
ルーディンがどんな失敗をしようと責めることはせず、リゲルト達は彼が成長をして夢を実現するために支え続けると誓うのだった。

——そんなある日、依頼で訪れた廃墟で強力な魔族と遭遇してしまう。ルーディンを逃すためにパーティが奮闘するが………。
24hポイント 0pt
小説 80,468 位 / 80,468件 ファンタジー 23,124 位 / 23,124件