上等だ、受けて立つぜ

中小企業のデベロッパー、西尾シティ開発の秋山は、一癖も二癖もある課長の大庭とその遥か上を行く女主任の橘と共に、過去に二度頓挫した土地へ、マンションを建設することになった。その土地の北には、世界的企業コスモ電気産業のカリスマ的経営者、松岡宗一郎の元屋敷が広がる。業績不振のコスモ電気産業は現在、事業再建の真っ只中である。
 大手デベロッパーの大淀プラネットは、コスモ電気産業の事業再建委員を買収し元松岡邸取得を目論み、加えて、西尾シティ開発が建設しようとしている土地も手に入れて、超高級マンションを建設しようと企んでいる。
 大淀プラネットは、西尾シティ開発へ破格の値段で土地購入を打診したが、断られると姑息な手段で妨害をしてきた。しかも、あろうことか西尾シティ開発のメインバンクを利用し、専務や株主を唆し西尾シティ開発を乗っ取ろうと画策する。
24hポイント 0pt
小説 53,402 位 / 53,402件 経済・企業 143 位 / 143件