Ambivalent Existence







『人は吸血鬼になったときに、自らの存在の価値を知ることになる』
2015年 世界で吸血鬼の存在が公にされた。それから1世紀経った2115年。吸血鬼の存在は社会問題になっていた。
人の姿をしながら人ではなくなった存在、血を求めなければ生きられない者たちの殺害を世界は認めていた。どれだけ不条理だろうと、誰が変わり果ててしまおうとも、人類が生き残るにはそうするしかなかった。
そして、人でなくなった彼らも、自らの業と人間性との間で揺れていた。


吸血鬼に襲撃された修学旅行で生き残った霧峰あんじゅは対吸血鬼テロ組織【彼岸花】の職に就いた。
人でなくなった者を狩るこの組織で彼女はこの世界と人の本質に触れる。

人間と吸血鬼、表裏一体のその存在と生きることの意味を──



24hポイント 0pt
小説 60,479 位 / 60,479件 ライト文芸 2,424 位 / 2,424件