猫でもわかる絶対ソンする賃貸アパート経営

佐藤一郎の父親は定年退職を前にして痴ほう症になり会社を退職、焦った母は、
悪徳アマート建設会社に騙されてアパート建設の契約を結んでしまった。
しかも悪徳アパート建設会社は悪徳銀行と手を組んでおり、佐藤の家の全財産を
担保として差し押さえてしまっていた。
絶望する一郎。
一郎は、一縷の望みを託して、死んだ祖父がいつも言っていた伝説の不動産屋を探し出し、
助けを求めるのであった。
24hポイント 71pt
小説 6,891 位 / 53,402件 経済・企業 37 位 / 143件