情報屋のジャック

むかしむかし

ある王国で、第六騎士団専用の情報屋が1人いました。


その情報屋は、世界中の権力者から裏社会の人間にまで、幅広くその名を馳せていた。狙った情報は絶対逃さない。そして、出くわした警備員は誰1人として殺されていない。腕が良いためか、それとも臆病なだけなのか。


その情報屋は、ある国に来る前に、罪を犯し続けていたそうだ。しかし、その情報屋は、その罪を犯したくて犯したわけではなかった。ある理由で、その情報屋を縛り続けた結果、その罪を犯すことになった。



情報屋をしているのは、罪から逃れるためか、罪を償うためか。




情報屋の"ジャック"
またの名を "地獄耳(ヘルイヤー)"
本来の名前を捨て、女を捨てた


自分は孤独で良いと思い込む1人の娘を、第六騎士団の仲間たち (主に副団長)が変えようと奮闘する物語の

始まり始まり



24hポイント 0pt
小説 58,862 位 / 58,862件 ファンタジー 19,039 位 / 19,039件