赤羊

記憶、感情が壊れている少年。気が付くと彼は最愛の姉を殺害していた。その現場を見ていたのは、人形のような少女、夕紙だった。あどけなさと冷酷さが見え隠れする夕紙を連れて、少年は逃避をはじめる。鉄くずの夢、シロナガスクジラ、二人の魔女、そして脳を食む赤い羊。ねじれて奇妙なお話。

※執筆は2005年。根本的な部分はなるべくいじらずに、細かい部分を改稿しています。人生二作目、練習的な長編です。
24hポイント 0pt
小説 58,979 位 / 58,979件 現代文学 2,576 位 / 2,576件