機械色の青空

20年後にはAIが仕事を奪う。
そんな一見馬鹿げた思想は思わぬ形で実現した。

実験室の爆発から数ヶ月でAIに飲み込まれていく世界。

あの人変わらぬ青空は何故か機械色。

開発担当の責任者だった日本人の娘は奇跡的に生き残り、16という歳で真実のために争い続ける。

この話はフィクションです。実際の事件、人物、団体などとは一切関係ありません。
24hポイント 0pt
小説 83,805 位 / 83,805件 SF 2,667 位 / 2,667件