嘘吐きはいらない

僕らの恋が始まってから一年がたった四月一日。この日はデートだった。その日の初めに彼女は「今日、一つだけ嘘をつくね」という。
マンネリした僕らは互いに距離を置きながら過ごし、公園でお昼を食べる。そして、すぐ、「これから嘘をつくね」と言った。
そして、その嘘に傷付いた僕は彼女と別れてしまう。
それから一週間後、学校が始まり、衝撃が走った。
24hポイント 0pt
小説 92,191 位 / 92,191件 恋愛 25,126 位 / 25,126件