昨日に咲く梅、夢に散る桜

梅の花が咲く季節。
彼女がこの世に居なくなったその日から、僕は昏い部屋のベットの上に倒れているだけだった。
いつまで経っても囚われ続けていたある日の夜。夢の中で、彼女は僕の前に現れる。
そして彼女は口にする。
「契りきな……」
24hポイント 0pt
小説 92,199 位 / 92,199件 恋愛 25,129 位 / 25,129件