ウソの音色は軽かった

夜に逃げる優斗はいつもの様に公園へと来ていた。
別に目的はない。何がしたいわけでもないのだ。
そうして、夜空を見上げ、感傷に浸っていると、何処からか笛の音が聞こえてきた。
その音の方へと進み、斜面林へと入っていくと、そこには女の人がいたのだ。
24hポイント 0pt
小説 92,194 位 / 92,194件 恋愛 25,127 位 / 25,127件