風花舞う日、禁断の果実は実る

俺と妹は血が繋がっていない。
風花舞うあの日、出会ったのだ。その時はまだ二人の芽は小さかった。
だが、気付けば、もう花は咲いていた。
大きな風に揺られることもあったけど、それでも年に一度降る雪が育ててくれた。
いや、育ててしまった。禁断の果実を。
24hポイント 0pt
小説 92,200 位 / 92,200件 恋愛 25,130 位 / 25,130件