文字列が紡ぐ夢の中で

土曜日。起床時間、午前五時。

あの時間は、僕に訪れた不思議なお話だった。

だが、そんなのは儚い夢と同じように、すぐに終わってしまうのだ。

どれだけその時間が愛おしくても。
どれだけその時間が輝いていたとしても。
どれだけその時間が僕にとって大切だとしても。
24hポイント 0pt
小説 87,324 位 / 87,324件 恋愛 23,061 位 / 23,061件