俄雨の誓い

日も暮れ、遂に訪れた夜。僕は自ら包丁を刺した。
自分が何をしているのか、なんて分かり切っている。
迸る激痛に忌々しい記憶を重ね、最期の一時を過ごそうとしていた。
ふと、雨が降り始める。
冷たささえも痛かったその時、僕の目の前には彼女がいた。
24hポイント 0pt
小説 92,180 位 / 92,180件 恋愛 25,120 位 / 25,120件