泡沫に咲く花火を

僕と理沙は幼馴染みだった。
けど、時が経ち、成長するにつれて溝は深まってしまう。気付けば、好きと言う気持ちさえも薄れてしまっていた。
そんなある日、僕は真実に気付く。
そして、夏祭りのある日、僕と彼女は二人で会った。
24hポイント 0pt
小説 92,200 位 / 92,200件 恋愛 25,130 位 / 25,130件