星降る夢に、終わりの光を

彼女は、もうこの世にはいない。
しかし、彼女は亡霊として僕の前に現れた。この世に留まれる最後の夜に。

––––双子座流星群が見れる夜に。

そして、その星の雨が止み、朝日が登るその時、彼女は本当にいなくなってしまうのだ。
24hポイント 0pt
小説 92,200 位 / 92,200件 恋愛 25,130 位 / 25,130件