世界の片隅で、書庫に眠るは麗しの君 【天上編】

 紫苑(しおん)先輩は、同い年の従兄である柊(しゅう)先輩に物心ついた幼い頃から恋心を抱いている。
 が、彼らの仲は進展するどころか退化したまま年月だけが過ぎてしまっていた。
 運命の輪が回り出すには、紫苑先輩には捨て去らねばならぬ過去への苦悩があり、その過去への回帰がなされている途中、彼は突如天龍様によって天上世界へと連れ去られていってしまったのだった――。

 従兄との思い出の場所でもある書庫にて半ばひっそりと暮らす、総受けな姫兄様・紫苑先輩が、身の内に潜む龍神に突き動かされるまま、本命である柊先輩と結ばれるまでの恋遍歴物語(の第二部)†

 天上界において天帝として君臨している玉翔(ぎょくしょう)との密約を交わすまでのお話は【過去回帰編】の方に残っているので、初めて読まれる方は【過去回帰編】を先に読んで下さると幸いであります(*ノωノ)

 この天龍様×依り代(玉翔×紫苑先輩)である天上編は、水仙でっす(*ノωノ)
 水仙とは、同じ姿の者同士の恋愛の事を指します。苦手な方は、どうか御遠慮を。
 でも、美形×美形ではあります♪
 オメガバースになる予定。


※ この作品は「小説家になろう(ムーンライトノベルズ)」および「fujossy」および「pixiv」にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 140,434 位 / 140,434件 BL 15,875 位 / 15,875件