芥川龍之介『糸女覚え書』 現代語訳

文豪・芥川龍之介が古文調で著した『糸女覚え書』を現代語訳したものです。
秀林院(細川ガラシャ)の最期が、侍女(糸)の目線から、皮肉たっぷりに描かれています。

※あくまで話の筋がわかるように現代語訳しただけなので、文章は読み手様側で芥川調に脳内変換して頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 58,703 位 / 58,703件 歴史・時代 745 位 / 745件