魅了が消えたので貴方に興味はございません。

「どうして?こんなに愛してるのに……!!」
公爵令嬢のサラは婚約者である王太子を盲目的に愛していた。どんなに酷くされても嫌いになれない、そんな感情で狂いそうになりながらも王太子への愛だけを信じ続けてきた。
あるパーティーの夜、大勢の前で辱しめを受けたサラの元に一人の青年が声をかける。どうやらサラは長年、ある人物に魅了と呼ばれる魔術をかけられていた。魔術が解けると……
「……あれ?何で私、あんなクズのこと愛してたのかしら」
目が覚めた公爵令嬢、ついに反撃開始。

ざまぁ必須、恋愛うっすら。
24hポイント 3,258pt
小説 552 位 / 144,471件 恋愛 261 位 / 45,187件