警視庁捜査五課 魔法捜査網

今(物語の時代)からおよそ五十年前、ヒラヤマ山脈の某遺跡から一冊の本が発見された。
アカシックレコードと呼ばれる事になったその本をあらゆる方向から解析してみた結果、この本にはありとあらゆる魔法の使い方が記されていた。
そして検証を繰り返した結果、一部の知識が公開されることになり三十年前ぐらいから人類に数々の魔法技術がもたらされることになった。
もたらされた魔法技術は著しい文明発展に繋がったが一方で従来の科学文明では考えられない魔法犯罪が多発するようになった。

事態を重く見た警視庁は魔法犯罪を専門としたチームの結成を命じた。

こうして結成されたのが警視庁捜査五課である。
(隔週土曜夕方頃更新です)
24hポイント 14pt
小説 17,669 位 / 87,618件 ファンタジー 3,715 位 / 24,827件