干天の慈雨【第三版】

葬儀の現場で働く青年・来栖仁朗はとある事件のために心に深い傷を負っていた。あえて感情を押し殺す仁朗を、唯一理解できるのがフラワーコーディネーターの同居人・橘悠介。しかし、彼もまた優しすぎるが故に苦しみを抱えていて……。痛々しいけれど、美しい物語。

★一度完結した物語を加筆修正したものです。
★エブリスタ・ステキブンゲイにも掲載中です。
24hポイント 0pt
小説 124,455 位 / 124,455件 ライト文芸 5,094 位 / 5,094件