泡沫の情人

時は大正。
教師でありながら小説を書いていた兵藤は、親友の泉田から愛人の心持ちを確認して欲しいと頼まれる。
小説の掲載等で恩義のあった兵藤は断ることが出来ず、泉田に連れられてとある観光地に赴くことに。
そこで、三味線の芸者である佑月を紹介される。
男でありながらも美しい容姿を持ち、三味線の腕前が逸品な佑月に、兵藤は興味を抱く。
だが、二人の情事を目撃し、佑月からけしかけられた事で、兵藤の心証が一変する。
やめた方が良いと兵藤は泉田を説得しようと試みるも、泉田が聞き入れてはくれない。
そんなおり、忙しさから泉田と疎遠になった事を不安に思った兵藤が、会いに行こうとしたのだが――
24hポイント 0pt
小説 128,760 位 / 128,760件 BL 14,207 位 / 14,207件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

腐男子会計の王道計画!

BL / 連載中 24h.ポイント:56pt お気に入り:236

巨人族の皇子たち四人と、異世界ラブラブ性活にいたるまで

BL / 連載中 24h.ポイント:10473pt お気に入り:1595

とろけてまざる

BL / 完結 24h.ポイント:939pt お気に入り:1590

父は迷いを捨てて息子を愛する

BL / 完結 24h.ポイント:7pt お気に入り:33

百回目の口付けを

BL / 連載中 24h.ポイント:440pt お気に入り:824